東京で高齢者身元保証会社を検討している方必見!口コミで評判のいいおすすめの身元保証サービスをランキング形式でご紹介!

人生の振り返り!エンディングノートのメリットとは?

公開日:2021/12/15  最終更新日:2022/05/12


エンディングノートの用意を、といわれると「まだ早い」「縁起でもない」と反発する人は未だに多くいる現状です。しかしエンディングノートは死後のためだけに書くものではありません。自分の生涯を振り返り、一冊のノートに書き残す作業です。人生の振り返り、エンディングノートのメリットとはどのようなものか、考えてみましょう。

エンディングノートとは?

エンディングノートとはもしものときに備えて、残された家族、遺族に伝えておきたい思いを書き残すノートです。内容は個人情報から資産情報など、膨大な情報量になります。エンディングノートには氏名、生年月日、現住所、本籍地などの個人情報を詳しく記載します。

もしものときの第一連絡先も記入しておきましょう。最初のページに家族や遺族、このノートを誰に読んでほしいかを書いておきます。また読んでほしくない人がいたら、その旨を記載します。

そして自分の資産状況をすべて記入します。銀行口座や保険証券、不動産資産などのすべてです。通帳や印鑑の保管場所も記しておきましょう。相続の希望を記載しておくと、遺言書と違って法的効力はありませんが、貴重な意思表示となります。

自意識を失ったときの終末期医療について、希望があればエンディングノートに記入しておきます。望まない治療方針を避けるため、現在かかっている主治医に相談してから記入すると効果的です。

もしものとき、遺族が最も頭を悩ませる問題が葬儀です。愛する家族を思い悩ませずにすむよう、エンディングノートによって希望する葬儀を記しておきましょう。生前墓地を契約したときは、契約内容のすべてをエンディングノートに記載します。

エンディングノートは後の人にいい残しておきたい、書き記しておきたいものを自由に思いのままに綴ります。伝えておきたい思いを文字で書き残すことが、エンディングノートの最も重要な役割といえます。

エンディングノートを作成するメリット

エンディングノートは自分のため、家族や遺族のために書き残すノートです。書いてみて始めて気付く大切なことも数多くあります。エンディングノートを作成するメリットは主に4点あげられます。

■現在の自分の資産状況を把握できる

自分の資産を正しく把握できます。エンディングノートによって資産状況を整理すると、現在の生活を見直すきっかけにもなり、今後の人生設計に役立ちます。エンディングノートは死後のためだけに書くわけではなく、これからを生きる指針となる材料なのです。

■生前整理ができる

自分に必要な物、不要な物が把握できるので、身の回りの整理、生前整理に役立ちます。エンディングノートを元に住宅の整理に踏み切る人が多いようです。保管する物、家族に譲る物、処分する物など、家庭内の物品に対して見える化が図れます。

■家族に思いを伝える

終末期医療に関して、エンディングノートに記載してあると、家族に自分の思いを伝えることができます。意思表示のないまま終末を迎えてしまうと、残された家族はさまざまな判断に苦しみ、後悔の念に苛まれてしまうでしょう。この後悔は家族が後の世を生きる限り続くのです。具体的な内容の他にもエンディングノートに残された「ありがとう」の一言が、家族の心を癒す一助となります。

■自分の生きた証を残せる

これまで歩んできた自分の人生を振り返り、誰かに伝えておきたいこと、面と向かって言葉ではいえなかったでき事などをエンディングノートに残しておけます。自分史として書かれた部分は家族だけでなく、後の子孫も目にすることとなり、あなたという一人の人間がこの世界に生きた証となるのです。

エンディングノートの選び方

エンディングノートは書店でさまざまな種類が販売されています。書く目的、書く人により内容は千差万別なので、自分に最も合った1冊を選ぶ必要があります。

エンディングノートを選ぶポイントは、書店などで目視し「これなら自分でも書けそうだ」といった第一印象を持つものがよいでしょう。人によって書く内容のボリュームは違います。相続問題を多く書き残したい人は、銀行口座番号やクレジットカードの情報など細かく記載できる、空欄穴埋め式がよいでしょう。保険会社や葬儀社が配布しているノートもあり、該当する部分が書きやすく作られています。自分史として残したい人は自分史年表がついているもの、思い出の写真が挿入できるタイプがおすすめです。

何を書いてよいのか、何から書けばよいのかわからない人は、コラムや解説、ワンポイントアドバイスがあるノートを探してみましょう。手書きが苦手な人はパソコンで作成できるテンプレートが無料でダウンロードできますし、wordで作成するなら、MicrosoftOfficeweb上に書式が用意されています。

 

エンディングノートは死後のためだけに書くものではありません。自分の人生を振り返り、現状を正しく把握した上で今後の生活に役立てる、といった用途もあるのです。残された遺族の負担を軽減し、自分の生きた証を残すためにも、最も合ったエンディングノートを選び、大切な思いを書き残しておきましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

近年、高齢者がアパートに入居したい、老人ホームに入居したいなどの理由で身元保証人を立てたいといった相談が増えています。さまざまな理由で身元保証人の確保が難しいケースがありますが、まわりに身元
続きを読む
頼れる身内が一人もいない高齢者にとって、不安の種となるのが身元保証の問題です。司法書士と聞くと登記や供託の手続き、法務局へ提出する書類作成などを想像しがちですが、実は身元保証にも一役を担って
続きを読む
特に単身生活を送っている高齢者にとって大きな問題となるのが、身元保証についてです。アパートやマンションといった賃貸物件の契約、入院、介護施設へ入所などでは、多くのケースで身元保証が求められま
続きを読む
身元保証人関連コラム
【エリア別】高齢者身元保証人会社3選